MT4と普通の自動売買ソフトの差とは

FXを触っている人にとっては、MT4という言葉を見かけることがあると思います。
これはよくある自動売買してくれるソフトです。
いろんなソフトがありますが、どうしてこのMT4というものがピックアップされているのか疑問を覚えるかと思われます。

普通、自動売買をしてくれるソフトは自分でメニューを選びます。
たとえば、ある有名なトレーダーのやり方をまねた手法を選択した場合、その手法に似たやり方で自動で売買をしてくれるのです。
もちろんその時はその手法通りのやり方で取引され、またメニューを変えて違う取引スタイルといった、こういった手軽に扱えるものが多いです。

しかし、手軽ではありますが細かい指令、そういったものが出しにくいです。
自分のオリジナルな取引スタイルを採用しようとしても、それと同じように再現することは難しいです。
一方MT4は普通の自動売買ソフトと同じで、メニューを選択して取引をさせるということも可能です。

しかし、MT4は細かい指令を出すことができます。
その自由度がかなりすごく、ほぼ自分の取引スタイルと同じように再現することが可能です。
命令文をプログラミングすることにより可能となるのですが、この操作が難しいという欠点もあります。

もちろんプログラムが分からない人でも普通に自動売買はできるのですが、それだと普通のものと同じです。
やはりMT4と普通のソフトでは、細かい指示を出せるか出せないかという点ではかなり差があります。